タバコ 美白

タバコを吸うと美白ケアが進まない?美白したいなら禁煙しましょう

 

タバコとは百害あって一利なしと言われるほど、体には有害な物質です。お酒はちょっと飲む分にはいいと言われますが、タバコはちょっと吸うだけでも体に悪い嗜好品なのです。ですから絶対に口にしない方がいいでしょう。
一度吸い始めると中毒のように吸ってしまうことがあるので、できるだけ最初から吸わないことをおすすめします。このタバコですが実は美白に影響を及ぼすと言うことを知っていたでしょうか?タバコと美白についてご紹介しましょう。

 

こわーい!タバコを吸う人のとある特徴とは!?

 

タバコを吸う人にはみんなとある特徴があるのです。みなさんお気づきでしょうか?実はタバコを吸う人は良く見ると「肌が浅黒い」という共通点があり、独特の黒さを持っています。

 

これはたばこによる弊害であり、タバコが美白を阻害するとされることを実証します。日焼けをしたときの健康的な小麦肌とはまた違った不健康そうな黒さがタバコを吸う人の特徴なのです。

 

これはタバコの中に含まれるニコチンが血管収縮を促し、血流が悪いせいで起こった現象です。このため喫煙する人は美白とは言い難い、浅黒い肌に悩むことになるでしょう。

 

タバコのせい!美白を阻害する脅威の「ビタミンC破壊」

 

肌の美白を阻害するのは何も血流の悪さのせいだけじゃありません。タバコを一本吸っただけで、ビタミンCは25ミリグラムほど消費されることを知っていますか?これが原因でお肌に重要な役割を持ったビタミンCが破壊されるのです。

 

ビタミンCとは美容に詳しい人はなるべく摂取したいと思う成分ですよね。ビタミンCにはお肌に有害な活性酸素を除去して、メラニンを抑える作用があります。

 

喫煙するとこのビタミンCが不必要なところで使われ破壊されて、本来なら活性酸素を除去するために使われるビタミンCが余計なところで奪われるのです。このせいでお肌にはシミができやすくなってしまいます。顔のシミやくすみができるのはこの喫煙によるビタミンCの破壊が影響しているのです。

 

タバコのコラーゲンを減少させる力によりくすむ肌

 

ビタミンCの不足はコラーゲン減少にも繋がります。タバコには美容の代表成分ともいえるコラーゲンを減少させる最悪な働きがあり、このせいでお肌が潤いを失っていき、さらにはお肌のハリ艶を失うことになります。このコラーゲンの減少のせいで、肌艶の低下やくすみなどのお肌の問題に悩むことになるでしょう。

 

タバコはこのようにコラーゲン生成の邪魔をして、お肌に悪い影響を与えます。お肌に大事な成分が減少してしまうことで、くすみ肌だけではなく、さまざまなお肌の問題にぶつかってしまうでしょう。だからこそ、タバコは良くないのです。

 

タバコを吸う人が美白になるためには「禁煙」が必須

 

タバコを吸っていれば数々の問題に遭遇して、お肌のトラブルで悩むことになるでしょう。これを防ぐために喫煙者がするべきことは「禁煙」なのです。美白になるためには禁煙が必要です。

 

すぐにでも禁煙を始めて、美白効果を阻害するタバコをやめましょう。タバコは百害あって一利なしという最悪な代物です。どんな方法でもいいので、タバコをやめる努力をしましょう。

 

禁煙すると血流の流れも良くなりますし、ビタミンCが破壊されたり、コラーゲンの生成が減少したりすることはありません。肌トラブルを起こす数々の問題が「禁煙」によってすべて解決してしまうのです。タバコを吸う人が美白になるための一番の行動はこのような禁煙なのですよ。

page top