シミ イボコロリ

シミにイボコロリって!?ピーリング効果でシミ消し体験と失敗談

 

シミ消しにイボコロリが効くという噂があります。イボコロリはイボだけでなく、魚の目やタコなどを治療するために使われる薬です。シミに効くというのはシミを消すために効果的といわれる成分がイボコロリにも入っているからです。

 

しかし、イボコロリを使用することで返ってシミが濃くなってしまうこともあり、美白目的には利用自体をやめた方がいいケースが多いのです。

 

イボコロリがシミに効く根拠・理由は

 

イボコロリはイボやタコ、魚の目の治療のために使われる薬です。ドラッグストアなどでも販売されていて、気軽に購入することができます。特徴的なのは強力な殺菌作用を持つ『サリチル酸』が含まれていることです。

 

サリチル酸はシミ消しにも利用されていて、分厚くなった角質を柔らかくし、腐食させることでとりやすくします。ピーリングによる美白作用と同じように、皮膚を新しく生まれ変わらせることでシミを消せる可能性があるのです。

 

やり方も簡単で実際にシミが消える可能性もあり、シミ消しに成功した!効いたという口コミが広まる理由になっています。

 

 

シミが余計に濃くなってしまう恐れがある

 

注意したいのは、イボコロリの強力さです。イボコロリはシミを落とすためではなく、イボなどを落とすために作られています。そのため、イボなどができていない場所に使ってしまうと、刺激が強すぎてかえってシミを濃くする原因になりかねないのです。

 

シミは皮膚への刺激で生まれることがあります。紫外線などの刺激や肌のこすりすぎ、ニキビなどの炎症によってシミができる場合があるのです。イボコロリをシミがあるだけの健康な肌に使ってしまうと、強力な刺激を与えることになります。

 

そのため、シミが濃くなるデメリットの方が大きくなってしまいます。肌が弱い人はかぶれてしまったり、火傷のような症状が出ることもあるため、シミ消しには使わない方が良いのです。

 

メーカー自体が目的以外の利用を推奨していない理由

 

イボコロリを製造しているメーカーは、イボや魚の目をとる以外の利用を推奨していないのもポイントになります。仮にシミ消しのために利用して副作用などがあったとしても、一切の保証がないのです。

 

シミが濃くなっても自己責任であり、逆にしみついてシミ自体が取れない状態になってしまうこともありえます。見込める効果のわりにデメリットが大きくなってしまうのです。

 

気軽にチャレンジできることをメリットに考える人もいますが、そもそも推奨されない使い方であることに理解が必要です。

 

イボコロリを顔などに使っていけないことは明記されている

 

 

イボコロリの注意書きには使ってはいけない部分が明記されています。顔と目と唇などの粘膜の近く、首などの皮膚が柔らかい部分、炎症や傷のある患部などは使用禁止です。

 

皮膚が薄い場所は成分が強すぎて副作用の恐れが強くなります。肌のトラブルがおこりやすい場所でもあるため、最初から使わないように注意喚起がされているのです。

 

また、塗布した場合は一時的にシミ上の跡形が残るケースがあり、長引く場合は医師や薬剤師に相談が必要なことも書かれています。注意書きを無視して利用しても誰も同情してくれないだけでなく、見た目が悪くなるだけの可能性もあるのです。

 

イボコロリはシミ消しに使えるものではない

 

イボコロリをシミ消しに効果があったとしても、自分が他の人のように効果があるとは限らない点に注意が必要です。たまたま皮膚が強く、副作用が出なかった人が効果があるといっているだけで、全く効果がないどころか逆効果になる可能性もあるのです。

 

安易に利用すれば悪化する恐れがある危険な方法なのです。即効性がある強力な薬ほど、副作用が出やすく利用に注意が必要になります。最低限注意書きを読んで確認する自衛の意識も大切になります。

 

地道にピーリングなどでシミ消しを目指す方法も

 

イボコロリは強力すぎてデメリットが大きくなりますが、角質を落として代謝を促すのはシミを薄くする方法として有効です。ピーリングがその代表で、肌表面の角質を落とすことでシミが目立たなくなる場合があります。

 

ピーリングも皮膚に傷を付ける行為であるため、加減をする必要があります。不必要にピーリングを繰り返せば、皮膚が薄くなってしまったり、炎症を起こしてシミの原因となる場合があります。刺激が強すぎれば反動で角質が厚くなってしまうことがあるほどです。

 

ピーリングは繰り返し行う場合は肌を休めて再生を待つ期間が必要になります。根気強く向き合い、工夫を重ねることがシミを消すポイントになっています。

 

シミは消えた?イボコロリ体験談

 

(園田さん・35歳) 美白について調べていたときに見つけたイボコロリ美白。家に主人が使っていたのがちょうどあったので使ってみようかと。そんな皮膚が薄いところに使ったらヤバイよ!と主人には止められましたが、ちょっとなら大丈夫だろうと右目の下1cmくらいのところににできたシミの集合体につけてみました。
つけたときは臭いなーくらいで何ともなかったのですが5分くらいしてチクチクしているような気がして怖くて洗い流しました。短時間だったのでもちろんシミが消えてません。次の日の朝は少し赤くなっているように思いましたが、それ以上の異常は出ませんでした。やっぱり怖いので今後も顔には使いません。

 

やはり、シミを消す化粧品は専用のものが安心で効率がいいですね。

page top