シミをしっかり隠せるリキッドファンデーション

シミをしっかり隠せるリキッドファンデーションのおすすめはコレ

ファンデーション

 

シミを隠すために必要なメイク用品であるファンデーション。シミやそばかすを隠すカバー力があるのはやはりリキッドファンデです。しかも、隠すだけじゃない!シミを消していくのに有効な保湿効果がある美容液ファンデーションもあります。

 

しみ隠し・しみ予防におすすめのリキッドファンデ

 

 

保湿できることで小じわ、肌のくすみも予防できますからぜひこういったファンデを使っていきましょう。リキッドとほぼ同じのクリームタイプもシミ消しにおすすめです。

 

薬用クリアエステヴェール

 

マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールは、シミ、しわ、毛穴をしっかりカバーしてくれるクリームタイプの美容液ファンデーションです。保湿効果が高いので肌のターンオーバーの正常化、バリア機能のアップが期待でき、その結果、シミの改善、しわができるのを予防できます。全額返金保証付きで安心して使用できます。

 

⇒ クリアエステヴェール 公式サイトへ

 

今回は、シミとリキッドファンデーションの関係について紹介していきます。紫外線や加齢に伴いじわじわと現れるシミは、老若男女問わず誰もが悩まされる肌トラブルの1つですね。

 

一度出来てしまったシミは、そう簡単になくなるものではないため、根気よくケアが必要になります。そのため、なくなるまでの間は嫌なシミとうまく付き合っていかなければなりません。その際に使えるリキッドファンデーションについて考えていきましょう。

 

リキッドファンデーションの用途

 

リキッドファンデーションとはそもそも何を指すのでしょうか?メイクの土台となるファンデーションには様々な種類があり、例えばパウダーやスティックタイプなど、使う人、使う部位に合わせてその形質は多様です。

 

では今回のテーマであるリキッドファンデーションとはどのようなものなのでしょうか。リキッドファンデーションとは、リキッドという名の通り液状のファンデーションのことをいいます。

 

デパートの化粧品売り場だけでなく、ドラッグストアにも多く売られているため一度は見たことがあるのではないでしょうか?そんなリキッドファンデーション、どのような人が使うと効果的なのでしょうか?また、どのような使い方をすればより効果が現れるのでしょうか?

 

肌質は人により様々ですが、一般的なメリットデメリットを他の質感のファンデーションと比較しながら紹介していきますね。

 

スティックファンデとリキッドファンデ

 

今回は、リキッドファンデーション、スティックファンデーション、パウダーファンデーションの3つを比較しながらリキッドタイプのメリットデメリットを考えていきたいと思います。

 

まずはスティック。これは、ファンデがスティックタイプになっており、繰り出して使うことができます。一般的なファンデは肌全体に塗りますが、スティックファンデは広い範囲に塗るというよりは、小さい部分や細かな部分に手が届くようなものとなっています。

 

そのため、他の形状のファンデーションで一気に塗った時には塗り漏れてしまった部分に使え、一点に集中して塗ることが出来る点が便利ですが、広い範囲に塗るのは大変なことがデメリットになります。

 

これに対しリキッドファンデーションは、肌全体に均等に塗ることが出来るため、朝の忙しい時間に少しの時間でメイクできることはいいところです。

 

パウダーファンデとリキッドファンデ

 

次に、パウダーファンデーションと比較してみていきましょう。パウダーファンデーションは、お粉状のファンデーションのため、サラッとした質感とふんわりとした仕上がりが人気の理由となっています。

 

たくさんつけても肌が重たくなく軽い質感を実現できるため、シミは隠したいけれど厚塗りをしたくないという人には合っているかも知れません。しかしパウダーファンデーションのデメリットとしては、その質感の軽さからカバー力の弱さが挙げられるでしょう。

 

一方リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションに比べてしっかりと肌に密着するため他のファンデーションよりもカバー力は抜群です。シミをなかったことのように隠したい、絶対に見せたくないという人にはとてもお勧めできます。リキッドファンデーションはべたつくのでは?と思う方でも最近ではそのようなこともないようです。

 

⇒ 美白効果が得られる医薬部外品に入っている成分とは?

 

誰にでも合うリキッドタイプ

 

このように、他のファンデーションと比較しても、広い範囲にしっかり密着させてつけられる点、シミをカバー出来る力が強いという点が強みだと言えます。

 

ですが、リキッドファンデーションは重たいのでは?ベタベタするのでは?といった声もまた多くあがります。しかし最近のリキッドファンデーションは、テクスチャーが非常に軽く、リキッドだと思えないほどにサラサラしているタイプが多いです。

 

ムースのようなふわっとした質感の物もあり、生クリームのような柔らかい感覚に驚きます。また、厚塗りが嫌な方のためにも薄付きなリキッドファンデーションも多く販売されています。

 

これまでデメリットとされていたリキッドファンデーションの重たさやベタつきが無くなり、軽くてつけやすい質感に、リキッドファンデーションの強みであるカバー力の効果はそのまま持続できるのです。

 

このような、良いところがたくさんのリキッドファンデーションは、シミなどなかったことのように消すことが出来ます。みなさんも是非試してみてはいかがでしょうか。

page top