ホルモンバランスが乱れるとシミができるってホント?

ホルモンバランスが乱れるとシミができるってホント?

ホルモンバランスが乱れるとシミができるってホント?

 

女性ホルモンのバランスが乱れると、シミができやすくなると言われています。毎日、きちんと紫外線対策をして、効果の高い美白化粧品を使っていても、女性ホルモンのバランスが乱れていると、シミはどんどんできてしまいます。

 

そんなときは、スキンケアだけでなく身体の内側からのケアが必要です。女性ホルモンのバランスは、健康はもちろん、美容とも大きな関係があります。女性ホルモンとシミの関係を知って、美肌を目指しましょう。

⇒ホルモンバランスを整えるならPMS対策サプリ

 

女性ホルモンとシミの関係

 

女性ホルモンには、2つの種類があり『エストロゲン(卵胞ホルモン)』と、『プロゲステロン(黄体ホルモン)』があります。

 

エストロゲン
月経初日から排卵日にかけて分泌が増えるホルモン。

 

プロゲステロン
排卵後に分泌が増えるホルモン。

 

女性ホルモンとシミの関係はまだはっきりとはわかっていませんが、月経や妊娠、経口避妊薬の服用などでシミができることから、女性ホルモンのバランスが乱れることによって、シミができるのではないかと考えられています。

 

特にプロゲステロンには、メラニン色素を増やす作用があると言われています。ホルモンバランスが悪くなり頭痛や腰痛などの身体的不調や、精神的に不安定になる怒りやすくなるなどを起こすのですが美容にも大敵というのはうんざりですね。

 

ホルモンバランスの影響でできるシミ、肝斑

 

 

加齢とともにシミが増えていく中でも、ホルモンバランスの乱れによってできてしまうシミは、『肝斑(かんぱん)』と呼ばれます。

 

肝斑は、30〜40歳代に発症することが多く、頬骨の上や目尻の下に、ほとんど同じ形で、左右対称にできることが大きな特徴です。

 

肝斑ができてしまった場合、十分な紫外線対策を行って再発を防ぐと同時に、内服薬での改善が期待できます。肝斑に有効な内服薬として、トラネキサム酸があります。トラネキサム酸は皮膚科のシミ治療薬としても使われており、2か月ほど服用を継続することで、シミが少しずつ薄くなっていきます。

 

肝斑の治療は医療機関を受診することが一般的ですが、最近では市販薬でもトラネキサム酸配合のものが出ているので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

ストレスはシミの大敵

 

ホルモンバランスを乱す原因として最も大きいとされているのが、ストレスです。長期間ストレスを抱え、ホルモンバランスが乱れてしまうと、内臓機能が低下します。このとき、特に肝臓の機能の低下が、シミというサインになって現れてくる場合があるのです。

 

またストレスは血管を縮めてしまうため、血行不良になります。血行不良は、代謝を大きく低下させます。そうなると、肌のターンオーバー機能も低下し、シミができやすくなってしまうのです。シミをつくらないためにも、過度なストレスはできるだけ避けるようにしましょう。

 

それと同時に、ホルモンバランスを整える食品を摂取することも心がけましょう。豆乳や豆腐、きな粉などの大豆食品が、シミの予防や改善に役立ちます。毎日の食生活の中に、積極的に取り入れましょう。

 

美しい肌は、毎日の適切なケアによってつくられます。十分な睡眠や、リラックスする時間を意識的につくり、ホルモンバランスを良好な状態で維持しましょう。

page top