ホルモンバランス 関節痛

関節痛の原因はホルモンバランスの悪さかも!?

関節痛の原因はホルモンバランスの悪さかも!?

 

ホルモンバランスが乱れることでいろいろな障害や不調が現れますが、あまり関係がないと思いがちな関節痛や腱鞘炎になる原因でもあるのです。

 

特に閉経に近づく更年期や妊娠中、産後などには、女性の体はホルモンバランスの乱れによって、様々な不調が起こりますが、関節痛もその一つで、手指や膝の関節など体のいたるところに、こわばりや痛みが現われます。

 

この症状は更年期によく現われるものですが、PMSの症状が酷いなどでも発症することがあるようです。なぜ、ホルモンバランスの乱れによって、関節痛になってしまうのでしょうか?

 

女性ホルモン「エストロゲン」の減少による関節痛

 

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあり、バランスを保っています。しかし、閉経が近づくと、エストロゲンの分泌量が急激に減ってしまい、体に不調を引き起こすのです。

 

エストロゲンには、関節を滑らかに動かすための潤滑油のような働きがあります。また、エストロゲンは骨の密度にも深く関わりがあり、減少すると骨粗鬆症にも繋がっていきます。

 

そして、関節を支える軟骨がすり減って、動くたびに神経が刺激されて関節痛の原因になってしまうのです。

 

PMS、生理前のホルモンバランスの乱れでも

 

ホルモンバランスの乱れは、更年期だけのものではありません。もし、原因不明の関節痛に悩んでいらっしゃる場合は、ホルモンバランスの乱れを疑ってみてもいいかもしれません。

 

はじめは、手足や膝などにしびれるような痛みを感じて、放っておくと動くのも億劫なくらいの痛みとなってしまいます。痛みを感じたら、早めに専門の機関に相談するようにしたいものです。

 

ホルモンバランスを整え症状を緩和する

 

関節の痛みを和らげるためには、ホルモンバランスを整える必要があります。ホルモンバランスの乱れは、生活習慣の改善によっても改善が期待できます。

 

食生活や睡眠を見直して、ストレスの少ない生活をすることで、関節痛の症状が緩和される可能性があるのです。また、減少したエストロゲンを増やすためには、植物性エストロゲンを摂るのも有効な手段です。

 

代表的なものは、大豆イソフラボンでエストロゲンと似た働きをしてくれます。規則正しい生活を送りながら大豆製品やPMSによい食品、サプリなどで、ホルモンバランスを整えて関節痛の症状を緩和していきましょう。

page top