ホルモンバランス 更年期

更年期の症状を乗り越えるホルモンバランスの整え方

更年期の症状を乗り越えるホルモンバランスの整え方

 

女性にとってホルモンバランスは健康を維持する上でとても大切です。特に女性は45歳を過ぎると更年期となり、ホルモンバランスの乱れが原因で様々な不快な症状に悩む人もいます。

 

更年期障害は人により差があり、軽い場合には何となく身体がだるい、寝汗をかく程度で済む場合もあります。

 

しかし、酷い場合には自律神経失調症になり、毎日、症状に悩まされたり、中にはうつ病になったりするケースもあるのです。女性が更年期にホルモンバランスが乱れる原因と対処法は以下の通りです。

 

女性ホルモンの減少が原因

 

女性の生理周期を調整する女性ホルモンである「エストロゲン」は、年齢と共に減少していきます。そこで身体はエストロゲンの分泌を促そうとして、「卵巣刺激ホルモン」を増加させるのです。

 

しかし実際に卵巣は既に老化が始まっていることからそれ以上エストロゲンを分泌させることはできません。その結果卵巣刺激ホルモンが増加するのでホルモンバランスが崩れてしまい、更年期障害に繋がるのです。

 

女性がホルモンバランスが乱れるのは更年期だけではありません。実は10代半ばの思春期にも女性ホルモンバランスは乱れるのです。

 

思春期にニキビができたり情緒的に不安定になるのはこの為ですが、精神的にも肉体的にも若い為に更年期の様な重い症状は感じることはないのです。

 

ホルモンバランスを整えるには

 

辛い更年期の症状を改善するには、対処法としての薬に頼るよりもホルモンバランスを整えるのが一番です。

 

女性は仕事と家庭を両立させる為に長い間に無理をしてストレスを溜めるものです。精神的なことが原因でもホルモンバランスが乱れますので、まずは生活習慣を整えましょう。

 

健康を維持する上で大切なのは睡眠をしっかりと摂ることです。体内でホルモン分泌が行われるのは夜の10時〜2時までの間となりますので、その時間には熟睡できる状態にしておきます。

 

普段の生活の中ではストレッチや適度な運動を取り入れて、身体の血行を良くします。喫煙は血管を収縮させるのでやめた方が良いでしょう。

 

食生活に関しては、偏食をせずにバランス良く栄養を摂取する様に心がけます。魚や根菜などが使われている和食は身体に優しく栄養バランスも整っています。

 

特に大豆には女性ホルモンに近い働きをする「イソフラボン」が含まれていますので、積極的に食べましょう。

 

サプリや医学にも頼ってみよう

 

ホルモンバランスの乱れは生活習慣を見直してもすぐに改善されるものではありません。更年期の症状が辛い場合には、無理をせずに対処法も考えましょう。

 

足りない成分をサプリメントで補うことで、一時的にでも毎日が楽になれば、その間に少しずつ体質を改善させることができます。どうしても辛い場合には婦人科で診察を受ければ、適切な薬を処方して貰えます。

 

更年期障害は他人から見ても分からずに理解して貰えないことが多いので、頼れるものがあれば自分から行動していった方が気が楽になります。できるだけストレスを溜めないように意識しましょう。

page top