ホルモンバランスが悪いのは遺伝だから仕方がないの?

ホルモンバランスが悪いのは遺伝だから仕方がないの?

ホルモンバランスは遺伝だから仕方がないの?

 

身内にハゲやムダ毛の多い人が居ると、生理不順や月経前症候群の酷さ、バストの小ささも、全て遺伝のせいだと思ってしまいがちですよね。

 

確かにこれらは性ホルモンの影響によるもので、遺伝的要素もあるものですが、ホルモンの分泌量は一生のうちで、ティースプーン1杯程度しかないものです。

 

遺伝のせいだと諦めてしまう前に、ホルモンバランスの乱れを正し、気になる症状の改善をしてみてはいかがでしょうか。

⇒ホルモンバランスを整える生理前サプリ

 

ホルモンバランスを整えれば遺伝にも勝てる?

 

 

女性なのに男性的な特徴を示すムダ毛の多さや小さめのバストは、女性にも分泌される男性ホルモンの影響によるものです。ですが、女性の体内で生産される男性ホルモンの量は、男性の約10分の1程度しかありません。

 

遺伝により男性ホルモンの分泌量が多いのなら、男性ホルモンに負けないだけの、女性ホルモンを生成できれば済む事ですよね。

 

ただし、エストロゲンを増やし過ぎると、乳癌や子宮内膜症など、性的な部位に疾患が起こりやすく、にきび、めまい、生理不順などの原因ともなりますので、増やす事では無く、バランスを整える事を意識するようにしましょう。

 

ホルモンバランスを乱すもの、正すもの

 

ホルモンの分泌量は遺伝による影響があるものですが、ホルモンバランスは生活習慣でも大きく変わってくるものです。ストレス、不規則な生活、過度なダイエット、睡眠不足は自律神経の乱れや卵巣機能低下を招き、ホルモンバランスを乱す大きな原因となります。

 

十分な睡眠時間を確保し、ストレスを溜め込まないように気分転換を行い、栄養バランスの良い食事を心掛け、食べる時にはよく噛み、翌日に疲労が残らない程度の軽い運動を行うようにしましょう。

 

不足しているエストロゲンをサプリなどで補うのも良いのですが、必要以上に補い続けていると、体はエストロゲンの生成量を減らしてしまいますので、サプリなどを飲む際には、用量を守って飲むようにしましょう。

 

プロゲステロンも忘れずに

 

 

ホルモンバランスの乱れというと、どうしてもエストロゲンの少なさに意識が向いてしまいがちですが、プロゲステロンも大事なホルモンです。プロゲステロンは妊娠をしやすくしたり、流産リスクを下げる働きがあるのは有名ですよね。

 

プロゲステロンにはリラックス作用、性的な部位の疾患を予防する作用、甲状腺ホルモンを助ける作用、利尿作用、血栓予防、血糖コントロール、脂肪燃焼作用など、健康的に生きて行く上で欠かせないホルモンです。

 

不足すると無月経や生理不順、不正出血の原因ともなります。プロゲステロンの生産量を高めるためには、ビタミンEとCの摂取が効果的です。

 

一生のうちでティースプーン1杯程度しかないホルモンですので、ほんの僅かな差が大きな体の変化として現れます。遺伝だからと諦めないで、ホルモンバランスを乱す原因を排除し、心身ともに健康な体を手に入れましょう。

page top