美白,ブロッコリー

美白に効果がある食べ物の代表といえばブロッコリー!ビタミンCも豊富

 

女性にとってつるりとしたトラブルのない美しく白い肌は、できることなら手に入れたいと多くの女性が望んでいると思います。憧れの美肌や美白を得るために欠かせないことといえば紫外線を浴びないように日焼け止めや日傘を使うことを心がけたり、ビタミンCが豊富なレモンを摂るのが良いというイメージがあると思います。

 

もちろんそれらのことも大切なのですが、レモンなどの柑橘類よりも効率良くビタミンCを摂取できる食材がブロッコリーなのです。今回はそんなブロッコリーと美白効果についてご紹介していきたいと思います。

 

ブロッコリーの持つ栄養素

 

ブロッコリーには便秘解消に役立つ食物繊維や便を柔らかくする働きを持つマグネシウム、むくみの解消に役立つカリウム、強い抗酸化作用と活性酸素除去作用を持ち肝臓を強くしてくれるグルコシノレートなどが豊富に含まれています。

 

また、紫外線から受けたダメージを補い免疫力をあげ、顔のシミ予防やハリ弾力、美白効果を与えてくれるビタミンCやビタミンE、B-カロテンなど女性に嬉しい美容に役立つ成分や健康をも助けてくれる効果も期待できるのです。

 

栄養素を逃がさない効率の良い調理方法

 

ブロッコリーを普段から茹でて食べている方は多いと思いますが、何も考えずに茹でているとせっかくのブロッコリーの栄養素をごっそりと逃してしまっているかもしれません。

 

ブロッコリーに含まれているビタミンCは水溶性で熱に弱いため、少ない水で茹ですぎないように意識することがポイントです。そして茹でた後はビタミンCの流出を防ぐために冷水にはつけないように気をつけましょう。

 

茹で方を上記のように工夫するだけでもビタミンCの流出は防げますが、完全に防げているわけではありませんのでもし気になる方は、やや固めの食感にはなりますが電子レンジで少しの時間加熱するのも良いでしょう。

 

ブロッコリーのオススメの食べ方

 

B-カロテンは脂溶性で油に溶け出てくるため、油を熱したフライパンで炒めたりお肉と一緒に食べると余すことなく栄養素を摂りいれることができます。

 

簡単に食べられるメニューとしては上記の方法で茹でたブロッコリーに油分のあるドレッシングやマヨネーズをかけていただくものやスープなどの具材にして茹で汁ごと食べる方法が効率良く栄養素を摂りいれることができるためオススメです。

 

ブロッコリーは元は地中海沿岸地域の原産のアブラナ科の緑黄色野菜で、先祖はケールから生まれたキャベツでその変種だと言われています。約2000年前の古代ローマの時代から外国では食べられていた歴史の深いブロッコリーはその後も各地で愛されていき、今では世界の収穫量の半分以上もの数をインドや中国が作っています。

 

旬の時期は11月頃〜3月頃で栄養価がとても高く、クリームシチューなど冬の寒い時期の献立にもぴったりとあう人気のある野菜です。

 

楽天市場など大きなネットショップでは普通のスーパーでは取り扱いが少ない国産冷凍ブロッコリーを販売しています。国産冷凍ブロッコリーはホクレンなど北海道産が多いようです。レンジで加熱するだけですぐ食べられるので忙しい方には特におすすめですよ。

 

page top