美白に効果がある漢方薬はなに?

美白に効果がある漢方薬はなに?

美白、美肌に効く漢方薬

 

肌の美白ケアには紫外線対策や美白コスメ、シミ消し化粧品を用いるのが一般的です。しかし、いくらさまざまな化粧品を試し、紫外線対策をし、ビタミンCも積極的に摂取し、さらにはレーザー治療をしても、いったんは顔のシミが消えるものの、再発をしてしまうというような場合があります。これは、根本的なシミの原因が改善されていないからかもしれません。

 

東洋医学における美白・美肌ケア

 

肌などにトラブルが起こったときに、その症状を抑えることを対処療法といいます。対して東洋医学における考え方は体を温めて水の流れをよくし、老廃物を排出し、足りないものは補って体内のバランスを整えるという考え方です。

 

奇しくもこの考え方は西洋医学における血行を良くして代謝酵素を補い細胞に蓄積されている余分なメラニンを捨て、美白に導くという考え方と合致します。東洋医学においてはこれを内臓から改善しようとしています。

 

このため、東洋医学で用いられる漢方薬にも美白効果のあるものがたくさんあります。東洋医学では漢方薬の力で体質そのものを改善し、症状を緩和し、体を健康な状態に導きます。シミやくすみに関しても、原因となる体質改善に向き合うことで、長期的な視点から美肌を実現することを目指します。

 

東洋医学における美白のアプローチ

 

東洋医学において人体は「気」「血」「水」のバランスが重要であると考えられています。この中で美白に関連するのは「血」です。月経周期のある女性は特に?血(おけつ)という状態に陥りやすいとされます。

 

?血とは、血の流れが滞り鬱血や血行障害などを引き起こしたり、あるいはそのことによって起こるさまざまな症状や疾病を指します。このため、美白効果があるとされる漢方薬は駆?血剤と呼ばれます。美容におけるいわゆるデトックスに通じる考え方です。

 

美白に効果的な漢方薬

 

駆?血剤で代表的なものには「当帰芍薬散」があります。効き目がやさしいので、漢方薬の初心者にはおすすめです。シミを濃くしてしまう原因とされるストレスを軽減する働きがあるとされるのは「加味逍遥散」です。この漢方薬にはほかにも血行促進効果もあります。

 

同様に血行促進効果がありメラニン生成抑制効果や抗酸化作用もあるのが植物エキスのひとつである「イチョウ葉エキス」です。「ウーロン茶エキス」には美白効果があるビタミンCやEビタミンが含まれ肌を清潔に保つほか、殺菌作用もあり、アンチエイジング化粧品にも利用されています。

 

また、「ナツメ」は血をサラサラにすることでくすみを消し、「蓮の実」も安眠効果で不眠からくるくすみを改善します。このように漢方薬にはさまざまな種類があり、効果も人それぞれ異なるため、服用する際には専門家に相談することが大切です。

 

皮膚科でなくても内科などでも相談して問題解決になる場合にはツムラ、コタローなどのメーカーの漢方を処方してもらえることもありますが、ドラッグストアでもこういった漢方薬を購入することができます。

 

購入時には体力がある、体力がないどちらに向いているかなどの注意項目をよく読んでから種類を決めましょう。大きな副作用はないですが、体質に合わない場合は胃腸がおかしくなることがありますので変だなと思ったら使用しないようにしましょう。

 

このように東洋医学においては、美白のために漢方薬を用いることはもとより、食生活を改善したり、生活リズムを整えることで根本的な原因を取り除くことで美白が実現できると考えられています。これは美白だけでなく、結果として生理痛や腰痛、冷え性といった症状を緩和し、体質改善の効果も期待できます。

page top