顔のシミ 消す 化粧品

顔のシミを消す化粧品で速攻美白!

顔のシミは早く消してしまいたいですよね。メイクでも完全には隠せないですし、厚化粧だと思われるのもいやなものです。テレビCMでも美白対策、シミ消しクリーム、UV・紫外線カットのコスメを見かけますが、結局はシミ、そばかす予防程度にしかならない化粧品がほとんどです。

 

予防だけではなく、今、顔にできているシミを消したい方におすすめのシミ消し化粧品を紹介します。

 

顔のシミを消す化粧品ランキング BEST3

 

ラグジュアリーホワイト トライアルの特徴

目元、頬のシミが濃くなった!ニキビ跡がシミに!そんな顔のシミを速攻で消す化粧品として人気のあるアンプルール ラグジュアリーホワイト。

皮膚科学理論に基づき開発された新安定型ハイドロキノン配合で赤くなる、ヒリヒリするという副作用が少なくハイドロキノンのシミ消しケアができます。またセット内の化粧水にはハイドロキノン誘導体(アルブチン)も配合されています。

価格 1,890円
評価 評価5
備考 7日分、送料無料
ラグジュアリーホワイト トライアルの内容

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

ラグジュアリーホワイト ローションAO II
ラグジュアリーホワイト アクティブフォーミュラ II
ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲル EX

 

ビーグレン QuSomeホワイトケアトライアルの特徴

ハイドロキノンを肌に浸透しやすいQuSome化している美白クリームが含まれた美白トライアルセットです。ビーグレンはアメリカというイメージが強く海外コスメで刺激が強いと思われがちですが、日本人の肌に合うように調整され製造も国内で行われていますので、肌が弱いという方にも安心してご使用いただけます。365日返金保証付き

価格 1,800円
評価 評価4.5
備考 7日分、送料無料
ビーグレン QuSomeホワイトケアトライアルの内容

クレイウォッシュ

QuSomeローション
美容液 Cセラム
夜用 QuSomeホワイトクリーム1.9
QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

KOSE米肌 澄肌美白お試しセットの特徴

肌のくすみが強い、キメが粗くシミ、そばかすも気になる方におすすめなのがKOSE米肌<澄肌美白お試しセット>です。メラニンの生成を抑えて美白ケアしつつ、小じわ・毛穴の開き・乾燥肌改善にもなるほどの保湿力があるコスメです。

価格 1,389円
評価 評価4
備考 14日分、送料無料
KOSE米肌 澄肌美白お試しセットの内容

肌潤石鹸

澄肌美白化粧水
澄肌美白エッセンス
肌潤ジェルクリーム
CCクリーム

 

どの美白成分が効果が高い?

 

たくさんある美白コスメですがそれに配合されている美白成分もそれぞれにメカニズム、肌への働きかけ方、美白効果の強弱があります。市販の美白化粧品に多く使用されている成分の効果などを見てみましょう。

 

ハイドロキノン

シミの原因であるメラニンを増やしてしまうチロシナーゼ活性化を抑えてシミ予防し、メラニン色素を強い漂白還元作用で薄くしていきます。クリニックでシミ消しクリームとして処方されることが多かったハイドロキノンは肌が赤くなる、ヒリヒリするなど副作用が発生することもありますが、製品によっては副作用のほとんどないハイドロキノンクリームも販売されています。(ラグジュアリーホワイト、ビーグレン QuSomeホワイトケアは低刺激です。)

 

ビタミンC誘導体

化粧品に配合すると不安定なビタミンCを安定化させたもので、メラニン生成を阻害しシミを予防、またメラニン色素を還元する作用でシミを薄くします。安全で副作用のほぼないビタミンC誘導体ですが肌の乾燥を招くので保湿ケアが必須となります。

 

プラセンタエキス

豚、馬、羊などから抽出される胎盤のエキスでコスメのほかプラセンタサプリ、医療用にも点滴、注射にも使用される成分です。肌にハリを取り戻し、ターンオーバーを正常化させたりメラニンの抑制の働きもあり美白にも効果的です。

 

アルブチン

コケモモなどに福慣れている天然の植物成分で直接チロシナーゼに働きかけることからメラニンを抑制し、シミが作られないようにします。肌に浸透するとハイドロキノン誘導体となりシミを消す効果もアップします。

 

アプレシエ(APPS)

ビタミンC誘導体の浸透力をアップしたもので、これまでの浸透しにくいビタミンC誘導体を美顔器で導入するくらいと同程度の浸透力が普通に塗布するだけで得られます。

 

コウジ酸

米麹などのコウジのことで、酒成分の配合させるコスメにも含まれているものが多く発売されています。チロシナーゼを抑制しシミを作らせません。

 

トラネキサム酸

シミの中でも肝斑に効果を発揮する美白成分です。メラニン色素の生成を阻害します。

 

ルシノール

ポーラ(現ポーラオルビス)開発の美白成分でハイドロキノン様の働きをします。通常のハイドロキノンよりも安定しているのが特徴です。

 

1位と2位の美白化粧品にはシミ消しに一番強力に効くハイドロキノンが配合されています。できてしまったシミを消す、メラニン色素を還元してくれるので生まれたての赤ちゃんのような色白さをもう一度取り戻せますよ。

 

⇒ 顔のシミを消す化粧品ランキング

 

美白化粧品は効果がない?

 

日本で販売されている美白化粧品は「シミ、そばかすを予防するもの」という位置づけになります。「シミが消える!」とい表現を化粧品の説明、宣伝などで使用してはいけないのです。

 

美白効果が低い成分だと、シミの原因であるメラニンが多く作られているシミの多い人のシミを消すことは不可能でしょう。メラニンを早く肌から排出することも、漂白のような働きもできないので、人によってはシミ予防にもならず、シミが濃く、増えてしまうことだってありえます。

 

美白効果のない保湿化粧水などを使っているのと比較すれば、シミが濃くなるのは遅くなっていてもそれを正確には比較し測ることができないので、美白化粧品は効果がないと言い切ってしまうことも。

 

シミを本気で消したいなら使うべきハイドロキノン

 

確実にシミを消すには肌質に合った美白効果の高い化粧品を使う必要があります。絶対にシミを消す結果を求めるなら、美容外科、美容皮膚科などでレーザー照射すること以外では、現時点ではハイドロキノンを使うことが一番有効な方法です。

 

⇒ 副作用が少ないハイドロキノンクリームはこちら

 

顔のシミの種類について

 

鏡を見て、「あれ?こんなところにシミがあったかしら…?」と疑問に思うことがあります。顔のシミというのは、その日の体調によって、濃く出る時もありますし、うすくてあまり気が付かなかったということもあります。

 

一旦できてしまうと、なかなか消すことのできないシミ。また出来てしまうと年齢を感じさせてしまうシミですが、顔に出来るシミって種類があるのでしょうか?そんな顔のシミの種類についてご紹介していきます。

 

誰もが出来る日光黒子、老人性色素斑

 

年齢を重ねるとポツポツと出来てくるシミ。このシミは、紫外線が原因で発生する日光黒子(別名:日光性黒子、老人性色素斑)である可能性が多いです。そもそもシミは、紫外線が影響し、メラニン色素が沈着したものです。

 

それが肌の奥にある間は、シミとして見えないのですが、肌の表面まで出てくるとシミとして目立ってくるのですね。老人性色素斑は紫外線の影響を受けるので、常に紫外線を浴びていた側の顔の半分に集中して出来ることもあります。

 

シミのでき初めに気が付いて、早めに美白化粧品を使用するなど対処をすると老人性色素斑をそれ以上増やさず、また濃くせずにすることも出来ます。

 

更年期には注意したい肝斑

 

最近よく耳にする肝斑という言葉。この肝斑は、左右対称に出来ることと、色は薄いけれど、出来る範囲が広いということが特徴です。女性ホルモンにも関与しているということなので、女性には悩みの種となるシミの1つです。

 

妊娠や出産によりホルモンのバランスが変わった時、また更年期になり女性ホルモンが少なくなる時などに出てくることがあります。紫外線や肌への刺激、またストレスなども関与してホルモンのバランスを崩してしまうので、生活習慣を整えることが重要です。

 

炎症が原因?色素沈着したシミ

 

若い時には、顔に傷が出来てもすぐに回復し、跡が残らなかったということも多いです。しかし年齢を重ねると、細胞の再生力は落ちますし、一旦できた傷は、跡が残りやすくなってしまうのです。

 

傷として残った部分は色素沈着として顔の肌に残りますが、そのシミを炎症性色素沈着と呼びます。傷が治る過程で、紫外線を多く浴びるとシミとして残りやすくなります。また一旦色素沈着したものはなかなか消すことはできません。

 

ニキビの跡も炎症が原因です。もしも傷が出来た時には、炎症をさせないように清潔を心掛けること、また早い段階から美白化粧品などを使用すると色素沈着を残さず、改善させることも可能です。

 

そばかすってシミの1つ?

 

そばかすも小さなもので子供にあると、それだけでチャーミングに見えることもあります。しかし年齢を重ねてからもあると、斑点状の黒いシミなので、とても気になるものです。

 

このそばかすは雀卵斑と呼ばれ、遺伝や生まれつきできていることが多いです。それでもビタミンを積極的に補い、また美白化粧品を使用することで、少しずつ薄くすることは可能です。

 

どんどんシミが増える脂漏性角化症

 

ときどき老人で耳の下あたり、こめかみに大きな黒い盛り上がったシミが出来ているのを目にしたことはないですか?これは脂漏性角化症といい、老人に良く出るタイプのシミです。

 

この特徴は、一つ一つが大きいこと、また盛り上がっていることです。一旦できた脂漏性角化症は、なかなか消すことはできません。そのため早い段階から、シミを大きくさせないための対処が大切です。

 

⇒ 顔のシミを消す化粧品ランキング

 

顔に出来るシミの種類は、上記のような物があります。一つの種類のシミが出来る場合もありますし、いろいろなタイプのものが顔に出来てしまうこともあります。大切なのは、そのシミがどんな種類のものであるか?またどのように対処が出来るかということを考えて対応をすることです。そのためには、まず顔のシミの種類を見分けることが大切です。

 

シミができてしまう原因

 

シミができる原因はその種類によって異なります。日光黒子、老人性色素斑は紫外線が原因ですし、肝斑はホルモンバランス、炎症性色素沈着は皮膚炎、ニキビなどの炎症、ソバカス(雀卵斑)は遺伝が関係しています。

 

紫外線を浴びてシミができるメカニズム

 

お肌に紫外線が過剰に当たると酵素(チロシナーゼ)が刺激され、表皮基底層にある色素細胞(メラノサイト)でメラニンが発生します。このメラニンは肌の新陳代謝にあたるターンオーバーが正常に働いていれば、徐々に表皮の最上部に押し上げられて垢として排出されていきます。

 

しかし、正常ならターンオーバーサイクルの28日で古くなった肌細胞と一緒に排出されるはずのメラニンが肌に残ってしまうことがあるのです。

 

色素細胞(メラノサイト)が働きすぎていたり、肌の乾燥やストレスでターンオーバーサイクルが乱れることがメラニンを排出させにくくするので美白ケアにはスキンケアとともに生活習慣も行うと効率よくシミを消すことができます。

 

⇒ 顔のシミを消す化粧品ランキング

 

乾燥肌は顔にシミができる原因に

 

肌を老けて見せる原因の一つが顔のシミ。紫外線の強くない時期でも怠けずに日焼け止めやUVカット化粧品を使ったり、美白ケアを毎日やっているのに、なぜかシミが濃くなってきたとお悩みの方もいらっしゃいます。

 

紫外線対策も美白ももちろんシミを薄くするのに重要ですが、保湿や乾燥しないスキンケアをやっていますが?紫外線以外にもシミに大きく関係しているのが肌の乾燥で、乾燥肌や敏感肌の方ほどシミが悪化しやすいのです。そんな乾燥肌とシミの関係について紹介しましょう。

 

乾燥肌によるバリア機能の低下

 

乾燥肌は肌の水分量が少なくて、かさついている状態です。バリア機能が弱っていて肌内に水分を留めておくことができずに、外からの刺激を受けやすくなりっています。

 

バリア機能というのは元々肌が持っている保護機能のことで、色んな働きをしています。水分が蒸発しないように潤いを守ったり、紫外線などの外から入り込もうとする異物から防御する機能を備えています。

 

乾燥肌になっているということはこのバリア機能が正常に働いていなくて弱っているので、潤いが保てなくなっています。また、外の刺激から守るパワーも低下しているので紫外線の影響を受けやすく、シミが悪化してしまいます。

 

乾燥がシミ悪化因子を増やしてしまう

 

肌の乾燥そのものが肌にとっては刺激となっています。シミが出来ている部分はメラニンがたくさん分泌されていて、乾燥が肌の刺激となりシミ悪化因子を増やしてしまいます。

 

さらにメラニンがたくさん作られるようになりシミが濃く大きくなるなど、シミを悪化させています。つまり、肌が乾燥しているだけでシミが濃くなる要因を自ら作り出しているというわけです。

 

乾燥肌で起こるターンオーバーの乱れる

 

本来なら肌の奥で生まれたきれいな肌細胞は28日周期で役目を終えて、不要な角質となってはがれていく肌のターンオーバーの期間が乱れている状態。加齢もあわさってターンオーバーの期間が長くなっていることが多いのです。

 

その時にメラニンを含んでいれば一緒に排出されますから、時間と共にシミも薄くなってくれます。しかし、ターンオーバーが乱れていると役目を終えた角質が肌に残りやすく積み重なっていますから、メラニンを含む細胞が肌に定着してしまいます。しっかりとメラニンが排出できずにシミが悪化してしまいます。

 

美白化粧品の効き目が悪くなる

 

メラニンを抑制してシミを予防するのが美白化粧品の役目です。乾燥肌だと表面の角質が傷ついて乱れていたり、不要な角質が残っていて厚くなっていて、肌が硬くなっています。

 

そこへいくら美白成分を送ってあげても肌の内部へ浸透できず、メラニンが分泌されている部分に美白成分が届きにくくなります。また、美白成分自体にも肌を乾燥させるものがありますから、美白ケアしているのにシミが悪化してしまったり、乾燥肌がさらにひどくなる場合があります。

 

美白ケアの前に保湿を重視しよう

 

シミを悪化させないためにも、乾燥肌を改善していくことが重要です。極力肌に刺激を与えない化粧品選びやスキンケア方法を実践して、バリア機能の回復に努めましょう。また、乾燥対策には保湿ありきですから、美白ケアの前に保湿を見直す必要があります。

 

肌が潤っていてこそ肌は正常な機能を発揮できるようになり、美白化粧品が効きやすい土台を作ることができます。シミを悪化させないためにも、保湿の徹底をしていきましょう。

 

⇒ 顔のシミを消す化粧品ランキング

 

顔のシミを消す食べ物で美白効果アップ

 

顔のシミ対策として美白美容液を使用している人も多いですよね。肌の表面にできるシミだからこそ肌の上からケアすることが効果的と思ってしまいがち。しかし、本当に大切な顔のシミを消す方法は食べ物だったということをご存知ですか。

 

食べ物に含まれる栄養分が体の内部から肌の表面に浸透し結果としてシミを消す効果が期待できます。

 

ビタミンCが豊富なレモン

顔にできたシミを消すために必要不可欠な栄養素の1つがビタミンCです。ビタミンCは、シミの素であるメラニン色素を元の通常の色素に戻す働きがあるとされています。レモンにはビタミンCが豊富に含まれており、シミを消すという目的を果たすにはぴったりな食べ物になります。

 

エラグ酸を含むいちご

シミの原因であるメラニン色素を黒く変色させてしまうチロシナーゼと呼ばれるものを解消してくれるのが、エラグ酸を含む食物になります。エラグ酸とは、植物性美白ポリフェノールとも呼ばれるものでチロシナーゼが活性化することでできるメラニンを抑制する働きがあるため、シミの発生を防ぐ効果が期待できます。

 

エラグ酸を含む短な食材であるいちごはシワの抑制にぴったりな食べ物です。そのまま食べることもできるので、余分な調味料や味付けを必要としないためとてもヘルシーです。

 

抗酸化作用のあるビタミンEを含むナッツ類

シミを消すためには、シミの原因である紫外線で傷つきストレスを感じた肌に発生する活性酸素を除外することが大切です。そこで食べていただきたいのが、ビタミンEを含む食材。

 

ビタミンEには、抗酸化作用があるため活性酸素を除去しメラニンの生成を抑制する効果が期待できます。ビタミンEを含む食材としては、ナッツやアーモンドなどの食べ物がおすすめです

 

セラミドを含むブロッコリー

シミを消す食べ物としておすすめなのがブロッコリーです。ブロッコリーには、シミを消すのに効果的とされているセラミドを含んでいます。セラミドは、シミの原因である紫外線や雑菌などの外部から受ける刺激から肌を守る働きがあるとされています。

 

いわゆる肌のバリアといっても過言ではありません。またセラミドには、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きが期待できることから、紫外線により肌への刺激を予防するだけでなくメラニンそのものを抑制する効果が期待できることから最もシミ消し目的で摂取していただきた栄養素となります。

 

ブロッコリーの他にも、大豆、黒豆など豆類を始め、牛乳などにも含まれている栄養素となりますので、日によって食材を変えることでバランスよく摂取することができます。

 

バランスよく摂取することで肌の状態が改善され、きめ細かで保湿力のある肌を維持することができるようになり、乾燥肌やターンオーバーの乱れでできる顔のシミを予防することにつながります。

 

市販のシミ消し化粧品

 

アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトニング ローション IA 200ml 薬用美白化粧水

 

化粧水/内容量:200ml
トラネキサム酸配合の化粧水です。

 

 

第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングフェイシャルマスク 20mL×4枚 【医薬部外品】

 

美白シートマスク/内容量:20mL×4枚
美白、シミ消しに有効成分のトラネキサム酸を、透明感サポート成分KP、ハリ実感サポート成分セラキュートを配合しています。低刺激性、無香料、無着色、アレルギーテスト済み。

成分:水、桑エキス、D-パンテテインスルホン酸Ca液、トレハロース硫酸Na、ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン液、グリセリル-N-(2-メラクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、水酸化大豆リン酸、BG、ステアリン酸PEG、濃グリセリン、グリセリン、ジメチコン、高重合ジメチコン-1、PEG-8、セタノール、POE水添ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、グリセリンエチルヘキシルエーテル、シクロペンタシロキサン、水酸化K、クエン酸、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、親油型ステアリン酸グリセリル、クエン酸Na、ソルビット液、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

 

CALM (カーム) 美容液 50ml 日本製 オーガニック 天然由来成分100% 美白 高保湿 高浸

 

美容液/内容量:50ml

全成分:水、プロパンジオール、乳酸球菌培養液、ペンチレングリコール、グリセリン、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、グリセリルグルコシド、コメ発酵液、パントエア/コメヌカ発酵エキス液、シベリアカラマツ木エキス、シロキクラゲ多糖体、加水分解ローヤルゼリータンパク

page top